• HOME
  • 疑問解決
  • 不用品の中で、お金になるもの、売れるものは何?

DATE 2017/05/19Category: 不用品買取

不用品の中で、お金になるもの、売れるものは何?

置き場所のない不用品、断捨離ブームですぐ捨ててしまう方もいますが、ただ捨てるのはもったいない。売れるものは売った方がいいです!では、家の中の不用品で、何がお金になるのでしょう。売れる不用品は何かご紹介します。

高値で売れる不用品は意外とあります!

捨てるだけなら処分費用がかかりますが、物によっては逆にお金になるものがあるんです。
ほとんどの不用品買取は、その場ですぐに現金払いですから、すぐにお小遣いが欲しい時にも便利。不用品はお金に変えましょう!

いいものではなく、すぐに買い手がつくもの

中古製品は買い取る側の仕入れリスクがけっこう大きいです。動作確認などのチェック、修理や掃除が発生するので、売れなければ手をかけたぶんだけ赤字になります。在庫の管理もお金がかかります。買取をする業者が最も避けたいのが、いっこうに動かない在庫を抱えること。だから、元がどんなに高価でも売れにくいものは良い値がつきません。
逆に、シーズン前の季節商品、冬から春先にかけての家具家電は高値が期待できます。

買取できる意外なもの

お金にならないのでは…と思われるかもしれませんが、意外と売れるのが次のもの。

使いかけの香水

ブランド香水は、開封済み、使いかけでも売ることができます。買う前に少し試してみたい、腐らない、中身が汚れないということで、使いかけの香水を求める人は意外といるのです。半分以上残っていれば売れるので、思いっきり使っていたものでも大丈夫です。

お酒(未開封)

お酒は、未開封に限ります。買取対象はほとんどがウイスキー、ブランデー、焼酎などのスピッリッツです。コルクが崩れたりスカスカになっていなければ、瓶が多少汚れていたり古くても大丈夫。

カラーボックス、衣装ケース

カラーボックス、衣装ケースは、新品で買ってもそれほど高いものではないので、中古品は売れないと思われるかもしれませんが、こちらも「見た目は気にしないのでとりあえず欲しい」という方がいますので買取できます。

多少古くても値崩れしにくいもの

ほとんどの生活家電は、新モデルが発売されるたびに中古の旧モデルは価格が下がります。特に、省エネ性能が重視される冷蔵庫、エアコンはその傾向が顕著なようです。しかし、中にはあまり値下がりしない家電もあります。

ミシン

コンピューターミシン、電子ミシンは最新モデルの方が高値買取となります。しかし、電動ミシン、手回しミシンはある程度古いものでも、それほど値崩れしません。ミシンは、多少古くても、修理、メンテナンス、部品交換さえすれば現役でしっかり使える物が多いので、中古市場も比較的安定しています。足踏みミシンや壊れたミシンでも、部品どりの需要があります。

フィルム一眼レフカメラ

カメラも、ミシンと同じくデジタル一眼レフはより新しいモデルの方が高価買取となりますが、古いフィルム一眼レフ、二眼レフはある程度取引額が安定しており、新モデルが発売されても影響を受けません。若い方にフィルムカメラがブームになったこともあり、よく売買されています。

まとめ:不用品の中にお金になるものがあるかも

自治体の粗大ゴミ回収に出してしまうとゴミですが、もしかしたら売れるものがあるかもしれません。不用品回収業者の見積もりをぜひとってみましょう!もし買取価格がつかなかったとしても、無料回収できる場合があるので、それも処分費を浮かせることができます。

関連記事

お問い合わせはこちら